ライブレポート

2018.7.25

マンダラ・ライヴ 161、162回目

5月26日、鎌ケ谷での”THE TRIO”最終ステージを終え、約一ヶ月後のマンダラ、161、162回目のLive。

現在、40周年の為の様々な準備をしているのでとても忙しくしている。特にアルバム制作も同時に進行しているので、目まぐるしいが、充実した気分だ。

さて、その6月23、24日のマンダラ・ライヴは、ベースとのデュオでアコースティック・ギターで”Time will kiss”など、6曲をプレーしたが、鬱陶しい梅雨にギターの心地よい響きがマッチすると思い、セレクトしてみた。スウィングでプレーした”Welcome to my party”、アンコールで久しぶりに唄ってみた”Man + Woman = 100%”など、ピアノでは古い曲をリアレンジしてお送りした。

今回も、皆様、御来頂き、有難うございました。

これから僕は、ニューアルバムのヴォーカル・レコーディングに入ります。再び皆様と会える日を楽しみにして、頑張りたいと思います。

尚、”THE TRIO”のライヴの模様は、ブルーレイで映像化される予定です。とても美しい仕上がりなので、楽しみにしていて下さい。